光脱毛で本当に太い毛が脱毛できるのか!?

「光を当てるとどうしてヒゲや体毛が抜けるのか?」という疑問をお持ちではありませんか?

これまで、ヒゲを無くすとすると、髭剃りをするとか毛抜きで抜くイメージがあって、光で抜けるのは不思議に思うかもしれません。

髭剃り

光による脱毛は、医療レーザーよりも弱い光を皮膚に当てることによって、毛根にダメージを与え、ひげが抜けるようになります。

特にこの光はメラニン色素の黒い色に反応するようになっており、現在生えている毛の毛根部を弱めて抜けるようにします。

実際、光脱毛を照射して2週間ぐらいで現在のひげが抜けます。

ただし、毛周期というのがあり、2か月から3か月に1回の割合で光脱毛の施術を行います。

6回ほどで薄くなっていきますが、個人差があり、完了するまでには1年から2年かかる場合もあります。

ただし、ひげをそることが減ったとか薄くなったので楽になったいう結果はあります。

ひげが濃い人はカミソリ負けなど皮膚を傷つけることがあるので、光脱毛ですと、当てる光も弱く、皮膚に優しいです。

痛みも個人差がありますが、暖かい感じからちょっとはじかれたような痛みを感じる人もいるようです。

費用も医療脱毛に比べれば安く済みます。

ニードル脱毛はかなり痛いという感想です。

女性ばかりでなく男性も光脱毛を利用することで、毎日の髭剃りの面倒さから解放され、また、すべすべに近い肌が得られます。

若いうちにやるほうが残りの期間分安くなります。